レフリー委員会

2011岡山アイスホッケー連盟オフィシャルクリニック 【開催中】

2011岡山アイスホッケー連盟オフィシャルクリニック 【開催中】

     JIHF Official Gmae Sheet の記入マニュアル no.1

     JIHF Official Gmae Sheet の記入マニュアル no.2

     JIHF Announcement Example アナウンスマニュアル

2011中国・四国地区レフリークリニック 【開催】

2011中国・四国地区レフェリークリニック開催 【要項】

    「2011中国・四国地区レフェリークリニック開催 【要項】」.pdf

ルール改定 【2010/9】

2010-2014 ルール改正の概略  ( 20l0年9月9日時点 )

152条  ピリオドのプレイングタイムは、カウントダウンとなる。
222条  スティックのグリップエンドには何らかのプロテクションが必要。(GKも)
      (空洞が見えたままは不可)
       蛍光色のスティック及びテープは使用を認めない。
223条  プレー中にヘルメットが脱げたプレーヤーは、直ちにプレーヤーズベンチ
       に戻らなければならない。(拾わない、かぶり直さない)
227条  1974年12月31日以降に生まれたプレーヤー(最低限バイザーを着用
       しなければならないカテゴリー)は、マウスガードを着用しなければ
       ならない。(GKは不要)
       市販のもので可。色は透明、肌色、白色以外のものを着用すること。
       フルフェイスマスクを固定する(こめかみ部)Jフックも装着のこと。
228条  エルボーパットは保護ラバーで覆われなければならない。
       (プラスティック露出不可)
411条  ベンチ前での交代時の仮想エリアが、3mから1.5mに変更。
534条  プレーヤーがゴールクリーズの内外を問わず位置し、GKに正対して
       GKのプレーを故意に妨げるためGKの顔面付近で手やスティックを
       振りかざす行為は、インターフェアランスとなる。
410条  A)センタースポットでのフェイスオフは、①ピリオドの開始時、
       ②ゴールの後、③アイシングのミスジャッジ、④ルールで規定された
       GKの交代が早まった時。
       B)ニュートラルゾーンでプレーが中断した場合、最寄の
       フエイスオフスポットで再開される。どこのスポットに近いのか
       明らかでないときは、ホームチームに有利なスポットで行われる。               
492条  ニュートラルゾーン及ぴディフェンディングゾーンにおいてパックに対する
       ハイスティックがあった場合、次のフェイスオフはディフェンディングゾーン
       内のフェイスオフスポットで行われる。
502条  ベンチマイナーペナルティーが科せられた場合、その時点で氷上にいる
       プレーヤーの中から指名される。
509条  PSとなるペナルティーが発生した場合は、その反則を受けたプレーヤー
       がPSを行う。但し、そのプレーヤーが負傷してショットができない場合
       またはレフェリーが反則された選手を特定できない場合は、
       コーチ・キャプテンが指名する。
514条  ペナルティーによって既にショートハンドになつているチームに対し、
       デイレイドペナルティーをコールしているが、プレーストップ前に反則して
       いないチームがゴールした。この場合、ショートハンドになっている
       ペナルティーが終了し、デイレイドコールされたものが新たにスタート
       する。

本連盟主催大会、全国大会、全国大会予選などは2010年10月1日から適応する。
その他に関しては12月末を目標に各加盟団体の下、速やかに適応すること。

ルール改定 【2010/9】

■重要なお知らせ■国際競技規則改訂に伴う国内基準

2010-2014国際競技規則改訂に伴い、条文の解釈に関する国内基準を設置いたしました。 
今回の国際競技規則改訂において、競技者の安全性をより高めるために、条項が以前より厳しく規定されました。本連盟でも、その意味を十分に検討・理解し、日本国内に於いても安全を最優先に考え、それら条項を正確に理解できるよう国内での基準を設けました。 
 
第226条 首とのどのプロテクター 
すべてのプレイヤーに着用することを勧告する。 
【国内基準】フルフェイスマスクを着用しなければならないカテゴリーに属しているプレイヤーおよびゴールキーパー(女子含む)は、首とのどのプロテクターを着用しなければならない。 
 
第227条 マウスガード 
すべてのプレイヤーに着用することを勧告する。 
【国内基準】1974年12月31日以降に生まれたプレイヤー(最低限バイザーを着用しなければならないカテゴリー)は男女とも、マウスピースを着用しなければならない。マウスピースは市販のものでも構わないが、単色透明・肌色・白色以外のものを着用すること。 
 
<適用開始> 本連盟主催大会・全国大会・全国大会予選などは、平成22年10月1日から適用する。その他に関しては、12月末を目標に各加盟団体指導の下、可能な限り速やかに適用することとする。